<< 陪審グッズ紹介 ─四宮啓さん | main | 連続講座10月の企画 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
野人弁護士こと、後藤昌次郎弁護士のインタビュー


2008年9月30日、東京弁護士会の面談ルームにて、後藤昌次郎弁護士に押しかけインタビューをさせていただきました。

同氏は松川事件をはじめとする、数多くの無罪判決を勝ち取ってきた、伝説の刑事弁護士で、我が「陪審裁判を考える会」の設立メンバーでもあります。

陪審裁判を考える会のライブラリー担当としては、残しておきたい映像ということで、無理にお願いして撮影してきました。
…ただ、企画・撮影担当の私がインタビュアーを行ったため、的を得ない質問ばかりで申し訳ありません。m(_ _)m

後藤昌次郎「酒鬼薔薇事件と刑事司法」
インタビュー動画を見る


神戸酒鬼薔薇事件にこだわる理由―「A少年」は犯人か
神戸酒鬼薔薇事件にこだわる理由―「A少年」は犯人か
後藤 昌次郎

JUGEMテーマ:フラッシュ・動画
| 2008年後期講座 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:59 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://baishin.jugem.jp/trackback/95
トラックバック