<< 韓国で陪審裁判が始まる | main | 新倉さん登場 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2008年 前期連続講座のご案内 5/30、6/27、7/18
陪審裁判を考える会 2008前期連続講座
会場:東洋大学白山キャンパス5号館
   地下1階5B11教室
費用:無料
参加:参加申込不要ですので、直接会場まで直接いらしてください。
参加資格:陪審制度・裁判員制度・司法制度改革に興味のある人すべて(所属、職業、肩書き、老若男女問わず大歓迎)
〒112-8606 東京都文京区白山5-28-20
アクセスマップ

5月30日金曜日 午後6時から
話題提供者:
新倉修会員(弁護士・青山学院大学教授)
 
新倉修
新倉修
テーマ「死刑事件と裁判員による裁判」


6月27日金曜日午後6時から
話題提供者:
庭山英雄会員(弁護士・陪審裁判を考える会・代表世話人)

庭山英雄
テーマ:「拷問禁止条約と日本の刑事司法」


7月18日金曜日午後6時から
話題提供者:
四宮啓会員(弁護士・早稲田大学法科大学院教授)

四宮啓
テーマ:「陪審制度と裁判員制度:基本に戻って」

※各会とも、終了後に懇親会がありますが、これは希望者のみ、自由参加です。
JUGEMテーマ:学問・学校

| 2008前期講座 | 01:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 01:34 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://baishin.jugem.jp/trackback/84
トラックバック