<< 陪審裁判を考える会 連続講座2007年10月19日 | main | 五十嵐二葉弁護士「つくられつつある―裁判員制度に欠けているもの」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
伊藤和子弁護士「誤判をうまない裁判員制度への課題─アメリカの冤罪と改革をとおして」
JUGEMテーマ:学問・学校




伊藤和子さん(東京弁護士会)

誤判を生まない裁判員制度への課題 アメリカ刑事司法改革からの提言誤判を生まない裁判員制度への課題 アメリカ刑事司法改革からの提言
誤判を生まない裁判員制度への課題 アメリカ刑事司法改革からの提言
伊藤和子
| 2007後期講座 | 18:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 18:06 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://baishin.jugem.jp/trackback/77
トラックバック