CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 裁判員制度の見直しに向けて | main | 陪審裁判を考える会(夏の例会) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
故後藤昌次郎代表を偲ぶと共に、来年の裁判員制度の見直しに向けたミニシンポジウム ━國學院大学

故・後藤昌次郎さん

皆様
「陪審裁判を考える会」も、震災を考慮して、故後藤昌次郎代表を偲ぶ会や例会を先延ばしにしてきましたが、9月の連休の中日である24日(土)に、下記のように、「故後藤昌次郎代表を偲ぶと共に、来年の裁判員制度の見直しに向けたミニシンポジウム」を開催致しますので、お誘い併せの上、ご参加賜りたくお願い致します。
尚、シンポジウム終了後、別途渋谷駅近辺で懇親会を開催いたしますので、多数の参加申し込みをお待ちしております。

日時: 2011年9月24日(土) 13:00〜17:00(3連休の中日です)
会場:國學院大學(渋谷キャンパス)百周年記念館(法科大学院棟)地下1階L103教室
   (西門から入って右手の入口手前に地下への階段が有ります。)
テーマ:陪審裁判を考える会元代表「後藤昌次郎弁護士」を偲び、来年の裁判員制度の見直しに向けた改正案を提案するミニシンポ

 
具体的には、前般2時間を「偲ぶ会」に、後半2時間を改正に関する討議に当てます。

(1)13時から、庭山さんと伊佐さんに、それぞれ15分程度、合計30分程度故人を追悼して頂き、残りの1時間半弱を、全員による追悼討論にしたいと思います。

(2)休憩を挟んで、15時から、布川事件の再審の主任弁護士を務められた山本裕夫さんに、再審事件を通して感知された、警察及び検察に対する問題点とその刑事裁判への影響について25分程度にまとめて頂き、質疑を5分程度行い、現状の刑事裁判の問題点を浮き彫りにすると共に、それらが裁判員裁判によって改善されつつあるのかどうか検証しながら、残りの時間で裁判員制度の改正されるべき点を洗い出したいと思っております。

尚、会場の詳細は次の通りです。

住所:東京都渋谷区東4−10−28
会場:國學院大學(渋谷キャンパス)百周年記念館(法科大学院棟)地下1階 L103教室

会場へのアクセス
國學院大學渋谷キャンパスへはこちら
(渋谷駅東口バスターミナル54番バス停から「日赤医療センター行き」。3つ目の「國學院大學前」下車)

百周年記念館(法科大学院棟)へはこちら(PDF)
「國學院大學前」バス停前に「渋谷パブリック法律事務所」の看板があります。同事務所が入っている建物が百周年記念館(法科大学院棟)です(マップのい侶物)。西門から入って右手「百周年記念館」入口手前左側に地下への階段がありますので、その階段をご利用ください。

以上です。皆様のご参加を心よりお待ちしております。
尚、懇親会の会場手配など、お手伝い頂ける方は是非ご連絡下さい。
陪審裁判を考える会 事務局 (文責:滝田 清暉)

JUGEMテーマ:裁判員制度
| イベント情報 | 04:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 04:47 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://baishin.jugem.jp/trackback/106
トラックバック