スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2007年12月21日 連続講座 ─ 五十嵐二葉さん


| 2007後期講座 | 11:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
五十嵐二葉弁護士「つくられつつある―裁判員制度に欠けているもの」
JUGEMテーマ:学問・学校

後期連続講座3回目、2007年12月21日の演者は五十嵐二葉さんです。

「つくられつつある―裁判員制度に欠けているもの」


日時:2007年12月21日金曜日午後6時から
会場:東洋大学白山キャンパス5号館地下1階5B11教室
なお、8時ころから、白山駅近くのスパゲッティ・レストラン「リガトーニ」
(春日駅寄りの出口から出て、左に行くとすぐです。)
にて忘年会を開催します。会費としては、2千円程度です。
どうぞ、ご参加ください。お待ちしております。

――つくられつつある――  裁判員制度に欠けているもの

五十嵐 二葉弁護士レジュメ(2007−12−21)

I. 市民参加制度になるための基礎

1 国民は「市民参加」の意識を持っているか
2 裁判官たちは「市民参加で司法を変える」意識を持っているか
3 裁判員は市民裁判官として必要な基礎的情報提供を受けられるか
  (裁判官はそれを提供できるか)=説示制度の欠如
  (1) 事実認定
  (2) 量刑

II. そもそも刑事訴訟法は裁判が正しく行われる手続を規定しているのか

4 そもそも裁判所に正しい情報が届けられる制度になっているのか=日本刑訴法の特異性
  (1) 証拠は正しく集められるか=「供述調書」という伝聞システム
  (2) 証拠は正しく届けられるか=捜査官憲による証拠の隠匿=証拠開示制度の不備
  (3) 証拠は正しく吟味できるか=証拠調べの方法

5 公判制度は市民裁判官が理解し判断できる事件情報を提供できる制度になっているのか

  (1) 書面主義裁判・省略証拠調べの伝統
    自白調書
    検証・実況見分調書
    鑑定書
  (2)「新たな情報提供方法」は問題ないか
    ビデオ録画
    パワーポイント
    被害者の参加

III. 裁判員は(実は裁判官も)裁判外の情報(犯罪報道)の影響を免れられるか=報道の影響

IV. 裁判員と裁判官がほんとうに「協働」できるのか
  (1) 裁判員と裁判官がほんとうに「評議・評決」できるのか
  (2)「評議・評決」の内容は、正確に「判決書」になるのか

V. 裁判員制度は継続できるのか
  「守秘義務」の縛りは制度の構築→持続を妨げないのか


| 2007後期講座 | 18:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
伊藤和子弁護士「誤判をうまない裁判員制度への課題─アメリカの冤罪と改革をとおして」
JUGEMテーマ:学問・学校




伊藤和子さん(東京弁護士会)

誤判を生まない裁判員制度への課題 アメリカ刑事司法改革からの提言誤判を生まない裁判員制度への課題 アメリカ刑事司法改革からの提言
誤判を生まない裁判員制度への課題 アメリカ刑事司法改革からの提言
伊藤和子
| 2007後期講座 | 18:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
陪審裁判を考える会 連続講座2007年10月19日
本日行われた連続講座の模様です。講師は東洋大学教授の黒沢香さん。



この講義は、2007年9月20日に日弁連で行われた、米国の研究者 Steven D Penrod 教授の講演をパワーポイントとレジュメを使って解説したものです。

パワーポイントは英語ですが、黒沢さんの作成したレジュメと、わかりやすい解説で大盛況でした(^^)。

撮影は法曹大学の松本が行いました。
| 2007後期講座 | 22:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2007年後期講座 ─陪審裁判を考える会
陪審裁判を考える会 2007後期講座
会場:東洋大学白山キャンパス5号館
   地下1階5B11教室
費用:無料
参加:参加申込不要ですので、直接会場まで直接いらしてください。
参加資格:陪審制度・裁判員制度・司法制度改革に興味のある人すべて(所属、職業、肩書き、老若男女問わず大歓迎)
〒112-8606 東京都文京区白山5-28-20
アクセスマップ

10月19日金曜日 午後6時から
話題提供者:黒沢香会員(東洋大学教授) 
黒沢香教授(東洋大学)
テーマ「陪審研究に関するペンロッド教授の講演について」
五十嵐弁護士より緊急に提案があり、法務省が作った裁判員ビデオについて問題点を話し合う可能性があります。こちらのテーマを優先させる場合には、上記のテーマは、また別の機会にしたいと思います。関連する資料は、用意します。
【注】ペンロッド教授の講演は先に日弁連が専門家向けに開催したものですその時の通訳でもあった黒沢会員から講演内容や解説を予定しています。

11月16日金曜日午後6時から
話題提供者:伊藤和子会員(弁護士)
伊藤和子弁護士
テーマ:「誤判を生まない裁判員制度への課題 アメリカ刑事司法改革からの提言」
NGOヒューマンライツ・ナウ事務局長
オリーブの樹法律事務所所属



12月21日金曜日午後6時から
話題提供者:五十嵐二葉会員(弁護士)
テーマ:「説示なしでは裁判員制度は成功しない」

※各会とも、終了後に懇親会がありますが、これは希望者のみ、自由参加です。
| 2007後期講座 | 00:14 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
| 1/1PAGES |